歯科治療におけるさし歯について

このエントリーをはてなブックマークに追加
ENTRY
歯科治療におけるさし歯について

歯科治療におけるさし歯について

先日、前歯4本のさし歯を新しくすることにしました。30年前に保険治療でさし歯にしたもので、非常に出来がよく、実際のところは30年たった今でもゆるみもガタつきもなく大きな問題はなかったのですが、なにしろ変色が激しく、前歯ということもあり取り替えることにしました。前回、保険治療で30年OKだったので、今回もそのつもりでいたのですが、素材やら、治療の手順やら色々と説明をしてくれるなかで、さりげなく繰り返し、保険適応の歯の取柄は安いことだけを強調してくるのです。
いわく、保険だと金属を使用するのでアレルギーの危険性がある、いわく、変色しやす。いわく土台をたてる場合は金属の色が被せて歯の上から透けて見えやすい。いわく、色の種類が少なく両サイドの自分の歯の色に合わせられない。などなど。決して感じの悪いドクターではなく、自費診療を強制してくる訳ではないのですが、やはり歯科医師にとって保険治療は儲からないということなのでしょうか。結局、比較的安価な素材を自費を選んびました。

治療や、型取、色合わせ、歯の形など非常に丁寧にやってもらい、綺麗な歯はできたのですが、20万越えの出費となってしまいました。ドクターや病院の思惑に乗せられた感はありますが、出来としては満足しています。
しかし、なぜ歯科の保険治療だとそこまで安易な素材しか使えないのでしょうか?
しかも、素材は1種類のみ。保険治療のなかでもある程度の金額差で素材の種類を選ぶことができれば、そこまで高額な出費をしなくて済むのにと思いました。たとえば骨折などをして、外科的手術を受けた場合、骨を止めるボルトは保険にしますか、自費にしますかとは聞かれません。他の病院に行く時も、保険診療にしようかな、自費診療にしようかなと考えながら行くとことはありません。
でも、歯科の場合は必ずと言っていいほど聞かれます。それは、歯科では保険では満足のいく治療を受けれれないということなのでしょうか?
それとも歯科医は皆、儲け主義なのでしょうか?
はたまた私の行った病院がたまたまそうだったのでしょうか?
治療結果は満足のいくものだったのですが、ちょっとだけため息がでました。

Recommend



Copyright(c) 2014 歯科治療におけるさし歯について All Rights Reserved.